麻酔科より

麻酔科より

近年、麻酔科医不足による問題がマスコミ等でしばしば報道されています。手術を受けられる患者様にとって、手術のみならず麻酔も大きなひとつの不安要因となっていると考えられます。

当院では、常勤麻酔科医が在籍し、よりよい状態で手術を受けていただけるよう体制を整えています。
私たち麻酔科医および手術室スタッフ一同は、患者様の安全を図ることはもちろんのこと、苦痛なく不安なく手術を受けていただけるよう、術前から術中、術後にわたって努力しています。

麻酔科医の診療内容

手術と麻酔

手術と麻酔

手術は大きな刺激であり、体に強いストレスを与えるものです。これらの手術侵襲は、重要な臓器に負担をかけたり、自律神経のバランスを壊します。手術侵襲によるストレスを最小限に抑え、手術の痛みを除くために麻酔が必要となります。すなわち麻酔は手術侵襲から体を守り、また体の反応をコントロールする役割を担っています。

しかし、麻酔自体も体に負担がかかります。これは全身麻酔だけでなく、局所麻酔でも負担の大きさは異なりますが、体に負担をかけます。このような麻酔による体への負担を抑え、体が受ける手術の侵襲をできる限り軽減させることが麻酔医の大切な役割の一つです。

また、手術後の痛みも体にとって大きなストレスとなり、この痛みを少しでも取り除くことが順調な回復を促すと考えられます。よって術後の疼痛予防をふまえた麻酔管理を心掛けています。麻酔方法は手術によりさまざまで、患者様の手術前検査及び全身状態によっても変わってきます。手術の前に患者様の状態をチェックさせていただき、体への負担が少なくなるような麻酔方法を選択しています。また、麻酔中は患者様の全身状態を監視し、安全の確保に努めています。

術後疼痛管理

手術後の痛みをできる限り軽くし、1日でも早く退院していただけるよう痛みのコントロールをしています。

担当医のご紹介