外科紹介

福岡みらい病院に外科が誕生したのは2016年。当初一人であった外科医も二人となりました。二人とも外科学会及び消化器外科学会の専門医、指導医であり、手術を含む多くの外科治療を経験してきております。現在その経験を生かして診療内容の充実を図っております。ヘルニア、痔、褥瘡、体表腫瘤などの治療、胃瘻造設術、虫垂切除術、胆嚢摘出術その他に対応致します。また、地域の需要に応じて、胃や大腸の手術にも対応していきます。

一方、他院で手術を受けた方のリハビリ、体調管理、定期検査もお引き受けいたしますし、他院を一旦退院したがもう少し体力回復のために入院治療を受けたいといったご相談もお受けします。当院はリハビリが充実していますので安心です。

また、外科医から見た東洋医学的診療も試みており、必要であれば漢方薬エキス剤の処方なども行っています。

外科は、治療の一手段として手術を行う科であり、必要と判断した時にしか手術はお勧めしません。患者さんの体調が少しでも良くなるように、治療方法を組み合わせ、他科との連携をとってまいります。体の調子が気になり、「外科かな?」と思われたらどうぞ気軽に受診し、ご相談ください。

担当医のご紹介