患者さまの痛みが軽快し、歩けるようになるのが私の大きな喜びです

副院長|大賀 正義(オオガ マサヨシ)

超高齢化社会においては運動器の機能が衰えて要介護、寝たきりになる老人が増えています。充実した老後を実現するために整形外科の果たす役割は大きいと考えます。今後も脊椎疾患の治療において安全で質の高い医療を提供できるよう努めていきたいと存じます。どうぞよろしく御願い申し上げます。

専門分野
脊椎脊髄
担当科目
整形外科・脊椎外科
所属
日本整形外科学会、西日本脊椎研究会、日本脊椎脊髄病学会、西日本整形災害外科学会、中部日本整形災害外科学会、日本リハビリテーション医学会
認定資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 脊椎脊髄外科指導医
  • 脊椎脊髄病医
  • リウマチ医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
略歴
昭和52年3月 九州大学医学部卒業
昭和52年6月 九州大学医学部付属病院
昭和53年7月 北九州市立小倉病院
昭和54年6月 九州大学医学部付属病院
昭和54年12月 佐賀整肢学園
昭和55年7月 九州大学医学部付属病院
昭和56年1月 九州労災病院
昭和56年6月 北九州市若松病院
昭和58年7月 米国ボーマングレイ医学校 研究員
昭和59年9月 九州大学医学部付属病院
平成6年7月 広島赤十字原爆病院
平成24年4月 蜂須賀病院
平成26年1月 杉岡記念病院
平成28年4月 福岡みらい病院