患者さまの声に耳を傾け、ひとりひとりにあった治療を

整形外科医長|小佐野 圭(オサノ ケイ)

スポーツでのケガ全般と、関節では主に、ひざ関節を中心に診療しています。

診療の流れをご紹介すると、手術以外の方法で改善が見込まれる場合は、お薬、リハビリテーション、装具などで治療を行います。
それでも改善がない場合は、手術をお勧めすることがあります。手術になった場合でも、できるだけ自分のひざや、ひざの中のクッションを温存できる治療法がないかを検討します。

半月板損傷に対しては、可能であれば縫合術を行うなど、できる限り温存できるものは温存するというスタンスで診療を行っています。

ひざ関節温存手術として、高位脛骨骨切り術をはじめとする、ひざ関節周囲の骨切り術に取り組んでいます。骨切りというと恐ろしいひびきですが、О脚、X脚(=「アライメント不良」)由来による痛みがある場合に、脚の軸のずれを手術にて治す「アライメント矯正」手術です。半月板損傷で半月板切除術を受けたけれどスッキリしない方や、ジョギング・テニスなどのスポーツや登山・園芸などの趣味を生き生きと続けたい方におすすめの治療法です。

ひざ関節の変形が高度で、歩行が困難になった方には人工ひざ関節置換術を行っております。

患者さんの声に耳を傾け、痛みを和らげることで心まで元気になれるような診療を目指しております。

専門分野
ひざ関節、スポーツ整形、関節リウマチ
おもな手術法
半月板縫合術、前十字靭帯再建術、後十字靭帯再建術、膝蓋大腿靭帯再建術、高位脛骨骨切り術、大腿骨骨切り術、人工ひざ関節置換術
所属
日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本人工関節学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
認定資格
日本整形外科学会専門医
略歴
2007年3月
神戸大学医学部卒業
2007年4月
医療法人社団神鋼会 神鋼病院
2012年4月
杉岡記念病院医師
2016年4月
福岡みらい病院医師