患者さんのQOLを第一に治療にあたります

リハビリテーション科医長|嶋本 伸人 (シマモト ノブト)

最初の大学卒業後、会社勤務を経て医療職につきました。
そのような経験を生かし、患者さんのQOLを第一に治療にあたります。
検査としては上部消化管内視鏡、腹部エコーなど行っています。

専門分野
内科
担当科目
内科
所属
日本内科学会、日本消化器内視鏡学会、日本プライマリ・ケア学会、日本リハビリテーション学会、日本医師会
認定資格
日本医師会認定産業医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医
略歴
昭和62年
慶応義塾大学経済学部 卒業
平成8年
徳島大学医学部 卒業