新しい知見の収集を継続して、検査一辺倒の診療にならないように気を付けることがモットーです。

膠原病リウマチセンター長|大塚 毅(オオツカ タケシ)

膠原病・リウマチ性疾患の診療に長年携わってまいりました。全身の状況を総合的にとらえていくことが大切であり、病歴を充分に聞くことからスタートします。

多彩な症状(発熱/倦怠感/関節・筋肉の痛みなど)が長引くために、どの科を受診したらよいか迷われるときにも力になれると思います。

免疫異常が根底にあることが多いものの、その仕組みは一様ではありません。一言では言い表せないほど複雑です。新しい知見の収集を継続して、検査一辺倒の診療にならないように気を付けることがモットーです。薬剤による治療はかなり進歩しましたが、使用にあたっては充分に理解していただき、根気よく続けられることをサポートします。

専門分野
内科・膠原病リウマチ性疾患
担当科目
内科・膠原病リウマチ性疾患
所属
日本内科学会 日本リウマチ学会 日本臨床リウマチ学会
認定資格
医学博士(九州大学)、日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会専門医、日本リウマチ学会指導医
略歴
昭和53年
九州大学医学部卒業
同年
研修医(九州大学医学部付属病院/唐津赤十字病院~昭和55年)
昭和55年
九州大学大学院医学研究科生理系専攻(昭和59年修了)
昭和59年
九州大学医学部遺伝情報実験施設助手
同年
米国カリフォルニア州DNAX分子細胞生物学研究所勤務(~昭和62年)
昭和62年
福岡市東区原土井病院内科勤務
平成1年
九州大学医学部第一内科助手
平成3年
九州大学医学部附属病院講師
平成17年
宗像医師会病院 病院長 (~平成30年)