栄養科の紹介

院の栄養科では常に下記を念頭に置いて業務を行っています。

  1. チーム医療に参画し、患者一人一人の病状に応じた栄養管理を行います。
  2. 入院患者一人一人の状態にあった食事を提供します。
  3. 安全な食事の提供の為、常に最善を尽くします。
  4. 温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たい状態で提供します。
  5. 地域の方々の健康増進に貢献します。

栄養科の取り組み

栄養科の方針

栄養管理

当院では各病棟に担当の管理栄養士を配置しています。
回診やカンファレンスに参加し、多職種と連携しながら患者さんお一人お一人に合わせた栄養管理を行っています。

食事

食事を治療の一環ととらえ、患者さんに安心安全で美味しい食事が提供出来るよう努めています。また、旬の食材を使用したり、カードを添えた行事食を提供し、入院中でも季節を感じる事が出来るような食事をお出ししています。

栄養相談について

栄養科の方針

当院では入院・外来患者に対して主治医の指示のもと生活習慣病(糖尿病、高血圧など)の改善や予防のための食事相談を行っています。患者さんの生活を大切にして、無理のない、現実的でわかりやすい食事療法を一緒に考えていく事を心がけています。
栄養相談をご希望される場合は、主治医の指示が必要になりますので主治医へお申し出ください。
「食事療法に対する不安のある方」「食生活を変えたいのになかなかうまくいかない方」「メタボと言われたけどどうすればいいのか迷っている方」など、ぜひ一度ご相談下さい。また、飲み込みに不安のある方や、低栄養状態の方への栄養相談も行っています。

NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)について

NSTとは?

NSTとは

NSTは、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、リハビリ担当者などがチームとなり、それぞれの専門知識を生かして栄養状態の低下している患者さまに、適切な栄養管理が行われるよう支援することを目的としています。
栄養状態を良くすることで、治療効果を高めたり、社会復帰を支援することを目指しています。

活動内容

活動内容

週に1回、回診やカンファレンスを実施し、各患者さんの病状に合った輸液や栄養剤の選択、血液検査による栄養状態の確認、適したお食事の提案など、早期に栄養改善を図れるよう各部門間で連携をとり、チームで治療に取り組んでいます。
また、月に1回程度委員会を開催し、よりよいリハビリを実践できる様、NSTチーム一丸となって検討・改善を重ねています。

食事のご紹介

食事のご紹介
食事のご紹介
食事のご紹介

あたたかみのある食事を食べていただけるよう、こころがけています。