健康コラム

てんかんに対するVNS(迷走神経刺激療法)について

痙縮に対するITB(バクロフェン持続髄注療法)とは

国内のてんかん患者数は約20万人で、そのうち約30%は薬物療法の効果がない難治性てんかんです。外科治療でてんかん焦点を切除できる場合は、外科治療が優先されます。

39284-O1Z5LP

しかし外科治療の適応とならない場合(脳全体に原因がある、てんかん焦点が同定できない、てんかん焦点が複数存在するなど)や、なかには外科治療後も発作が治まらない場合などに、発作頻度を減少させる効果があります。頸部の小さい切開で迷走神経刺激電極を植込みます。