随意運動介助型電気刺激装置

随意運動介助型電気刺激装置とは

随意運動介助型電気刺激装置は、脳卒中などにより麻痺した筋から微弱な筋電位を検出し、それに比例した電気刺激を与え、随意運動の介助が出来るものとなっており、脳卒中片麻痺上肢の機能改善効果が認められています。

対象となる方(適応となる基準)

脳血管疾患においては、重度な麻痺から軽度な麻痺まで適応しています。さらに、電気刺激装置として鎮痛及び筋萎縮改善・運動学習等を目的に運動器疾患にも適応しています。

その他

ぺースメーカーを挿入している方は、使用できない場合があります。詳細はお問い合わせください。