健康コラム

⑦膝の痛みでつらいとき

膝が痛いときにはまず整形外科医の診察を受けることが大切です。手術をすれば取り除ける痛みであれば手術を受ける、注射で症状緩和できるなら注射をしてもらう、飲み薬や湿布が必要なら処方してもらう。それでよくなってくれば治療を継続してもらいましょう

しかし中には、「年のせいだから仕方がない」などと言われつつ通っているけど、なかなか症状が取れないという方もおられます。仕方がないということは、方法がないということなので西洋医学的には白旗を上げたことになりますね。そんな時には漢方を試してみるのもよいと思います。西洋医学でダメなものは、当然漢方薬でもむつかしい。しかしひょっとして症状が軽くなれば儲けものです。

まずは防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)を試してみます。しばらく使っていると、いつの間にか少し楽になっていることがあります。膝の腫れが取れない場合でも動きが楽になって、できなかった正座ができるようになることもあります。さらにもう一押しというときは麻黄含有の越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を一緒に服用してもらうこともあります。麻黄は胃に堪えたり、血圧が上がったり、ドキドキしたりといった症状を起こすこともあるので、使うなら最初は少なめから始めたほうがよいようです。

漢方薬の多くは、体調を整えてくれるという側面があります。気になる症状だけでなく思わぬところで調子が良くなっていることを実感できることがあります。気軽に試してみませんか。

外科 品川裕治 (日本東洋医学会漢方専門医:外科部長)

> 次は「疲れたなぁ…」と思ったら