神経内科ご紹介

神経内科とは、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の障害によって起こるさまざまな病気を専門とする診療科です。頭痛やめまいのような身近にみられる症状から、突然の意識障害や麻痺といった救急疾患まで、さまざまな症状が診療の対象となります。具体的には、脳梗塞、一過性脳虚血発作などの脳血管疾患、アルツハイマー病などの認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの中枢神経変性疾患、脳炎、多発性硬化症、重症筋無力症、ギランバレー症候群などの炎症や免疫系の異常による疾患、てんかん、失神、めまいなどの発作性疾患、片頭痛、緊張型頭痛などの頭痛を繰り返す病気、その他脊髄炎、多発神経炎、顔面神経麻痺、筋ジストロフィー、多発性筋炎など多くの病気があり、特定疾患、難病と言われているものも多く含まれます。

当院では、神経内科を担当する亀井博之、加藤元博(非常勤・水曜日のみ)の2人で外来診察し、患者さんの症状や生活環境などをよくお聞きし、適切な治療、生活方針について相談に応じています。入院療養が必要な患者さんについても適宜相談に応じます。

また、毎週水曜日に物忘れ、徘徊など認知症様症状で困っている患者さんを対象として物忘れ外来を行っています。

担当医のご紹介