患者さんに安心して頂ける診療を行って参りたいと思っております。

脊椎脊髄病センター長|栁澤 義和(ヤナギサワ ヨシカズ)

以前、吉塚林病院で御世話になりました。もともとCARPファンだった私はその後、広島赤十字・原爆病院で大賀先生から顕微鏡下の低侵襲脊椎外科を学び、その後もその術式を守って参りました。また電気生理による術中神経モニタリングを併用した安全な手術にも心がけてきました。ただし手術ですべての痛みやしびれが解決するわけではありません。薬物療法や運動療法・認知行動療法などを駆使した治療により、痛みで悩まれておられる患者さんが日常生活を過ごすことができるようにお手伝いしたいと考えております。このたび生まれ育った福岡の地に戻ってくる機会を与えて頂きました。広島にいても続けていた博多祇園山笠にも積極的に関われる喜びを感じながら、患者さんに安心して頂ける診療を行って参りたいと思っております。よろしくお願いいたします。

専門分野
整形外科、脊椎脊髄外科、運動器慢性疼痛
担当科目
整形外科・脊椎脊髄外科
所属
日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本腰痛学会、西日本脊椎研究会、西日本整形・災害外科学会、国際疼痛学会(IASP)、日本疼痛学会、日本運動器疼痛学会
認定資格
日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、リウマチ医、スポーツ医、運動器リハビリテーション医、身体障害者診断書・意見書作成指定医(肢体不自由)、医学博士
略歴
平成13年3月
福岡大学医学部卒業
平成13年6月
総合せき損センター
平成14年6月
九州大学病院
平成15年6月
福岡逓信病院
平成16年6月
医療法人天神会 古賀病院21
平成18年4月
九州大学医学部大学院入学(統合生理学教室)
平成21年4月
自然科学研究機構 生理学研究所(神経シグナル研究部門)
平成22年4月
医療法人杏林会 吉塚林病院
平成23年4月
広島赤十字・原爆病院
平成30年4月
医療法人相生会 福岡みらい病院