整形外科 ご紹介

整形外科部門は、平成21年の旧杉岡記念病院開院以来、主に股関節、ひざ関節を中心に医療活動に従事して参りました。その後、平成26年に肩関節、ひじ関節、スポーツ医学、腰痛を代表とする脊椎・脊髄疾患、骨折・脱臼等の外傷性疾患分野を、さらに平成27年に骨粗しょう症専門外来を立ち上げました。そして平成28年、「福岡みらい病院・整形外科」として地域のみなさまへ最良の医療を提供できるよう、スタッフ一同全力で取り組んでおります。

■脊椎脊髄病センター

栁澤 義和

当センターには現在、日本脊椎脊髄病学会認定指導医が2名在籍しています。患者さんにより低侵襲な脊椎手術を提供すべく日夜努力しております。腰椎では直径18mmの円筒型開創器と顕微鏡を用いた低侵襲手術を、また左右に偏った頚椎椎間板ヘルニアにもこの術式を応用し、固定することなく後方からのヘルニア摘出術も行っております。また最近では脊椎脊髄手術に術中神経モニタリングを併用し低侵襲でより安全な手術を心がけております。

■人工関節センター

髙柴 賢一郎

人工関節センターは、関節の痛みで日々苦しんでおられる方へ、よりよい医療を提供するために開設されました。
特に人工膝関節置換術においては、筋肉を切らない低侵襲手術で、健常組織をできるだけ残し、自分のひざとの違和感がない状態を目指します。
これまで痛みのために諦めていた運動も、人工関節治療により可能になります。
患者さまの痛みをとり除き、満足していただける治療に努めてまいります。

人工関節について

ひざ関節

ひざ関節

「ひざ」は捻れ(ねじれ)ながら曲がる独特の動きをする関節です。ひざ関節障害の初期には「動かすと痛い」、「階段で痛い」等の症状が出現します。リハビリや薬物治療装具療法で治療を行いますが、症状が改善されない場合は手術(関節鏡、各種骨切り術、人工関節置換術など)を行います。また患者さまの負担を最小限に抑える為に筋肉を切らない術式や、オーダーメイド手術(個々の患者さまの骨の形に合わせて3Dプリンターを使用)や部分置換術も行っています。

ひざ関節の治療について

担当医のご紹介

肩・ひじ関節

肩・ひじ関節

担当医師は、これまで救急医療や、スポーツ医学分野で研鑽を積み、多くのスポーツ選手や肩痛・肘痛に悩む患者さまの治療に取り組んで参りました。理学療法(リハビリ)や薬物療法を中心とした保存療法や、関節鏡を駆使した手術による低侵襲の治療を実践します。

肩・ひじ関節の治療について

担当医のご紹介

股関節

股関節

股関節は、体重を支え、立ったり、歩く等の移動を行う上で大切な、身体の中で最も大きな関節です。股関節に障害があると「階段の上り下りがつらい、靴下が履きにくい。」また「歩く時に左右のバランスが乱れる。」などの症状が現れます。理学療法(リハビリ)や薬物療法の保存治療を行いますが、改善が得られない場合や既に症状が悪化している場合は、手術を行います。当院では「腱や筋肉を切断しない、筋保存型最小侵襲人工関節置換術」の方法により、手術当日又は翌日からのリハビリを可能にし、早期社会復帰を助けます。

股関節の治療について

担当医のご紹介

脊椎脊髄

脊椎脊髄

脊椎外科とは、脊椎(くび、背中、腰の骨)、脊髄、神経の病気を扱う分野です。整形外科新患患者の調査で疾患部位は腰椎が最も多く、18.8%、頸椎10.4%でした。3人に一人が脊椎疾患の患者さまです。脊椎疾患では頸部、腰背部の痛み、四肢のしびれ、痛み、歩行障害等が出現します。当院脊椎脊髄病センター長は脊椎脊髄外科指導医として脊椎外科に携わってきました。脊椎に関するお悩みがあればご相談下さい。

脊椎脊髄の治療について

担当医のご紹介

スポーツ整形

スポーツ整形

当院では、スポーツで多発する骨折、靭帯損傷、ねん挫、アキレス腱断裂、投球肩障害、野球肘など、部活動・学校体育やレクレーションスポーツは勿論、プロスポーツ選手の治療も行っています。関東や福岡で多くのトップアスリートの治療に携わってきた医師が、スポーツを愛する人たちを医療面から支えます。お気軽にご相談下さい。

スポーツ整形の治療について

担当医のご紹介

骨粗しょう症

骨粗しょう症

腰が痛い、背が縮んだ、背中が曲がってきたと思ったことはありませんか?それらの症状は「骨粗しょう症」なのかも知れません。
国内で1800万人いるといわれる骨粗しょう症患者の4人にひとりは50歳以上の女性です。
現在症状がなくても、骨の健康が気になる方は、お気軽に骨粗しょう症外来をご受診下さい。

骨粗しょう症外来 診察時間|毎週月曜 14:30~16:00
骨粗しょう症の治療について

担当医のご紹介