健康コラム

臨床指標(クリニカル・インディケーター)

臨床指標(クリニカル・インディケーター)とは、病院の機能や診療実績等について、さまざまな指標を用いて具体的な数値として示したものです。指標を分析し、改善を促すことにより、医療の質の向上を図るとともに、患者さんにとって分かりやすい医療情報を提供することを目的としています。

平均在院日数(回復期リハビリテーション病棟、一般病棟、地域包括ケア病棟)

病床利用率

1日平均外来患者数

疾患別退院患者数

整形外科

リハビリテーション科

内科

循環器内科

脳神経内科

脳神経外科

外科

機能神経外科

 

年齢分布


退院患者の転帰先

入院時・退院時FIM実績(回復期リハビリテーション病棟)

在宅復帰率・重症者改善率(回復期リハビリテーション病棟)

FIMの評価方法

FIMの評価方法

FIMは日常生活を送る上で、必要になる各動作を自分ひとりでどの程度でき、周りの方々にどの程度手伝ってもらう必要があるかを点数化したものです。そのため、FIMは患者さんの生活のしやすさを表す一つの指標となっています。各項目7点満点で評価し、7点:完全自立 6点:修正自立(杖、手すり、自助具などを使用)、5点:見守り 4点:軽介助 3点:中等度介助 2点:重度介助 1点:全介助を表します。評価項目は食事、排泄、移動などの運動項目(13項目)と、コミュニケーションなどの認知項目(5項目)の計18項目からなります。

採点説明

18項目は、すべて1~7点の7段階で採点し、合計は126点です。7点は完全自立、6点は修正自立、5点は監視・準備、4点は最小介助、3点は中等度介助、2点は最大介助、1点は全介助ですので、点数が高いほど自立度が高いことを示します。
運動項目の7点・6点は自分で行えている場合の得点であり、1~5点は、誰かがその場についているときの得点です。13項目あり合計91点です。認知項目は5項目で合計35点となります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3例)

 

手術件数(科別)

内視鏡件数

検査件数

放射線検査

臨床検査

インフルエンザワクチン接種率(職員)

褥瘡新規発生率

インシデント件数

栄養指導数

薬剤管理指導数

入院患者1人1日当たりのリハビリ実施単位数(回復期リハビリテーション病棟)