脳血管疾患の理学療法▶動画

脳血管疾患の理学療法について

脳血管疾患の理学療法では、片麻痺で歩行困難な方でも、吊りさげ式の歩行訓練機器や装具などを使用し、早期から歩行訓練介入が可能となっています。起立・着座訓練や歩行訓練などの下肢訓練量を多くすることは、歩行能力を改善するために積極的に行う事が有効だといわれています。当院では、麻痺が重度な方に対しても、早期から歩行練習を開始できる環境が整っており、練習量を増やす事で、起立や車椅子の乗り移り、実用的な歩行の獲得を目指しています。

日本脳卒中学会ガイドライン グレードAでは「起立・着座訓練や歩行訓練などの下肢訓練量を多くすることは歩行能力改善の為強く進められる」と言われており、当院では早期から歩行練習を開始できる環境が整っています。BWS・パートーナーは吊り上げ式の歩行訓練器、重度の片麻痺で歩行困難な方でも早期からの歩行訓練介入が可能となっています。

脳血管疾患の作業療法はこちら▶動画