脳血管疾患の作業療法▶動画

脳血管疾患の作業療法について

脳血管疾患の作業療法では、脳卒中で麻痺した上肢に対して、装具や電気刺激を使用し、動かない麻痺手で物を動かす練習をしています。運動麻痺に対して、手を動かすことで脳の器質的な部分が変化し、機能を回復させるといわれています。自主訓練を含めて積極的に手を動かす事で、日常生活で麻痺手を使用し、できる事を増やしていきます。

脳血管疾患の言語療法はこちら▶