DBSの充電方法について

DBSを上手に充電するために

充電式の刺激装置を植え込まれた方は、上手に充電することにより、長く使用することが期待できます。

① 充電は習慣にしましょう

曜日を決める、時間を決める、風呂上がり・夕食時など。

② 充電は毎回満タン(100%)になるまで

各メーカー特有の「終了」の警告音や表示が出るまで待つ。

③ 電池残量に余裕を持って

あまりに少ない残量になってしまうと、満タンに戻すのに何時間もかかります。
残量が半分以下にならないような頻度で、余裕を持って充電を心がけてください。

④ 充電効率の良い位置に固定しましょう

短時間で充電を済ませるには、充電器(リチャージャー)を刺激装置の真上に固定する必要があります。

※ リチャージャーサポーターを使用すると、がんだり動き回ったりしても位置がずれにくくなり、活動しながらの充電が可能です。